ホーム » 介護職において、40代は節目の年齢

介護職において、40代は節目の年齢

介護職で40代はまだまだ現役だ。それどころか最近は長く働く人が増えていて、若手とさえ言えるかもしれない。筋力や体力も十分にあり、疲れが翌日に残ってしまうケースもそれほどないかもしれないが、それでもこの年代は将来について考える大事な時期である。特に介護業界で長く勤めようと思っている場合は仕事の方向性が重要になる。

人の体は衰えるもので、気持ちはあっても何時までも現場で働き続けるのは不可能なのだ。年を取れば介護する側からされる方になっていき、少しずつ筋力や体力が衰え、疲労が抜けなくなってくるだろう。細身の人は、介護する相手によっては支えきれず怪我をさせてしまう恐れもあり、注意が必要になるのである。ただし、介護業界の仕事は必ずしも現場の介護士だけではなく、指導員やケアマネージャーといった、肉体的な負担が少ない職種もあるのだ。もっともこれらは資格が必要となり、簡単になろうとしても難しい場合があるが、介護業界で長く働続けようと考えているなら、注目するべきである。

無理をして現場で働き続けて体を壊してしまっては元も子もない。大切なのは自分の体を気遣いつつ、できる仕事を行うことだ。長く業界で働いていればノウハウは身に備わってくるし、資格を取得する際にも、その経験は活かせるはずだ。いつまでも自分の体力や筋力に過信をしていると、大事な時にとんでもないトラブルに遭遇する可能性もあるので、介護業界で長く働くためには、自分に相応しい方向を探すのも大切である。

2017年8月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031