40代でも活躍できる介護職

高齢化社会が進行している日本では、介護職はこれからもどんどんと需要が増えていく仕事だ。10代から50代まで幅広い年齢の方が活躍しているので、チャンスが広がっている仕事である。つまり、40代でもまだまだ戦力として十分に働くことができるのだ。

しかし、「介護の仕事はきつそう」「離職率が高い」というイメージがあるのも確かである。毎日多くの高齢者や障がいを持つ人をケアしなければならないので、その責任は大きい。そのため、雇用条件や業務内容が過酷であれば、職場に定着する人が多くないというところもあるのだ。だからと言って、すべての介護施設での仕事がハードであるかというわけではない。離職率を減らすため、待遇面の改善や勤務時間の調整などを行っているところも増えてきている。また、一つの職場に長くいてもらうために、スキルアップを事業所がバックアップしていたり、研修制度を整えて資格を習得できるようにサポートをするなどの工夫を行っているところも少なくない。そうした取り組みをしている事業所ならば、たとえ無資格で仕事に就いたとしても、これから先の自分自身のビジョンが作りやすくなるのではないだろうか。

40代という年齢は、この先何度も転職ができるかというとそうではない。もしも介護を仕事とするのであれば、各所に数多く存在している事業所をしっかりとリサーチして、応募の際に「ここは働きやすいのか、働く人に対してのサポートはしっかりとしているのか」という点を見極めるようにしよう。そうすれば、未経験からチャレンジしても長く介護の仕事を続けていけるはずだ。

2017年10月
     
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031