ホーム » 就職前に知っておきたい介護職の特徴や適正

就職前に知っておきたい介護職の特徴や適正

40代になってから転職を行うと、就職先の選択肢が限られてしまう。しかし介護職であれば、たとえ40代からでも就職先が見つかる可能性が高い。介護分野は高齢者の割合の増加によりこれから伸びる分野であり、介護スタッフの人材が求められている。多少年齢が高くとも採用されやすいため、年齢を気にすることなく就職先を見つけることができるだろう。

ただし、介護の仕事を選ぶのであれば、その仕事の特徴を理解し適正があるかどうかについて見極める必要がある。例えば介護の仕事は、重労働が伴う点に注意を要する。要介護者の体の移動など身体介護の作業は体力を要するため、40代から介護に携わるとなるとそれなりの覚悟がいるだろう。「介護の仕事は楽そう」「アットホームな環境で人に尽くせる」というポジティブな認識だけを持っていると、体力的についていけず失敗しかねない。他にも、介護の仕事はコミュニケーション能力が求められる。もしも、他人との会話が苦手であるなら、その弱点を克服する事が大切である。介護の仕事は、要介護者や職場の介護スタッフたちと上手くコミュニケーションが取れないと苦労する事が多い。加えて介護の仕事は夜勤がある職場も多いため、夜間の時間帯でも仕事がこなせるかどうかを見極めるべきだ。

若い世代は夜勤の仕事で多少無理をしても、体力面に問題はない。しかし年齢を重ねるにつれ夜勤の仕事が体への負担となる事がある。これから介護業界で働く場合は、就職先で夜勤が必要かどうかについても確かめた方が無難である。

2017年10月
     
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031